Home > 避妊器具 > 避妊フィルム

○ 避妊の方法比較とフィルム

女性が、自分自身でできる避妊方法は、 いくつもあります。 卵巣を縛る手術やIUDというのはかなり効果の高い避妊方法ですが、 身体とお財布も負担をかける避妊です。

より一般的な避妊といえば・・・ 「ピル」 「ゼリー」 「コンドーム」 「フィルム」

結局、子宮やカラダに負担をかけない避妊は限られますし、現実に入手しやすいのは、 コンドームくらいです。避妊方法をおさらいしつつ、「避妊フィルム」についてお話していきます。

■ コンドーム・ゼリー、そしてピル

ドラッグストアやネットでカンタンに買えるといえば、コンドームとゼリーです。

コンドームは、正しく使えば避妊率90%を誇る避妊具です。 どこのドラッグストアでも買えますが、ぽつんと自販機が設置されてることがあるくらい、 比較的どこでも買えるものです。 国内の避妊は「ほぼこれしか認められていない」といえるほど、どこでも購入できます。 値段や種類に拘らなければ、300円くらいなのでお財布にも優しい避妊方法です。

入手のカンタンさでダントツなコンドームですが、男性に対して使用する避妊具なので 男性主導になるのは避けられません。 性交渉のとき、イキリ立つ男性に被せることができる日本女性は、あまりいないことでしょう。 男性に「使って!」と言うためには、高いセックススキルか相手との親密さが必要です。 おつき合いの長いカップルや夫婦なら女性リードも多いでしょうが、 まだまだ初々しさが残るカップルには難しい。 そういう意味では、女性が購入したとしても使いにくいアイテムといえます。

ゼリーは、女性が、自分の中に入れておく避妊方法です。精子の動きを止めてしまうので、正しく行えば、 コンドーム並みに高い避妊成功率た期待できます。ただ、ゼリーの容器は比較的目立つのが欠点。 シラケないタイミングに気を使います。入手は比較的カンタンです。

ピルを正式に手に入れるには、婦人科で相談します。 医者から出される処方箋が必要なのです。ドラッグストアでは購入できませんが、 ネットでの代理輸入で購入することができます。頭痛や体調不良が問題視されたことがありましたが、 成分量を低くすすことでずいぶんと解決しました。今は「超低用量ピル」というのが登場しているので、 副作用はいっそう減少してます。

VCF(避妊フィルム)について

避妊ゼリーを薄いフィルム状にしたものです。 避妊ゼリーとは違って、フィルムという「固形状」になってます。これを縦に4つ折とか8つ折にして、 女性の中に挿入して使います。このフィルムは、濡れると溶けてゼリー状に変化します。 こうして精子を殺してくい止めるわけです。

フィルムが女性の中で溶けて、精子を待ち受ける状態となるには、約5〜7分ほどかかります。 持続効果時間は60分ほどといわれますので、行為が長く(2時間が目安)を超えるようなら、 追加で挿入する必用があります。避妊率は臨床試験で94%とされています。

・デメリット
避妊フィルムの代名詞となっているのが、マイルーラという製品。 かつて、町のドラッグストアで販売されていたのに、いまは中止されてます。 その理由は、殺精子剤として使用されている、Nonoxynol-9(ノノキシロール-9)という成分にあります。
非イオン界面活性剤という種類に属しているもので、市販シャンプーにも使われてます。 「極めて弱い洗剤」だといえば分かりやすいでしょうか。女性の体内に吸収・蓄積されると、 生まれてくる子供にリスクがあると言われてます。 なので、数年のうちに子供を作るつもりがあるカップルは、過度な使用は控えてください。

・メリット
避妊フィルムの大きな利点は、女性にとって非情に使い勝手が良いところです。
フィルムの入っている袋はコンドームよりも薄いので、枕の下とか、どこにでも忍ばせておけます。 それ以前に、そんな手間を考えなくても良いほどに持続時間が長く、心に余裕をもった準備ができます。 予想時間を越えて、行為が長くなってしまったときの保険として、予備の準備は必要かもしれませんが。

そっと、封を切って取り出して使います。 前戯のひとつとして、男性に挿入してもらってもいいかもしれませんね。

私の体験です:
ここだけの話し。私が結婚前に好んで使っていたのが、避妊フィルム「マイルーラ」でした。 男性は避妊に消極的なもの。 避妊にでなく「コンドーム」が嫌いなのだと思います。フィット感が足りないですから、 その点は女性も同意見ですね。フィルムであれば、2人の間に何もありません。 自然のままでつながって感じられます。個人的には、一度も失敗したことがありませんし、 良い雰囲気で使用することができました。

現在は、ネットで購入(代理輸入)することになります。
オススメです。

Q and A(WEB抜粋)


ダンナの「毎日、中出し」の希望をかなえるために奮発して避妊リングを 入れてもらおうと勇気をもって産婦人科に行ったのですが、子宮後屈だから、 避妊リングは装着できないと言われました。 とても残念な思いで帰ってきました。 1)子宮後屈とはどんなもので、なぜ避妊リングを装着できないのでしょうか。 ダンナとの約束もあり、悪いので、コンドームからマイルーラかネオサンプーンループ錠 (殺精子剤)に乗り換えてみようか・・・


マイルーラは、薄いオブラート状フィルムを折りたたんで、膣内の子宮近くに挿入すると溶けだし、子宮に入ろうとする精子を死滅させる大鵬薬品製の殺精子剤でしたが、効果のある時間が決まっているので、射精のタイミングにより失敗することがあるなど、自然にセックスのできる方法で・・・

墓地の維持の仕方